「平左衛門」の瓦


 2007年春、4月に、築120年のお蔵をリフォームして、地域文化の

発展、コミュニティーの中核として、人の和を広げることを目的に、

「貸しギャラリー」としてオープンしました。






 明治27年、山田平左衛門が立川流宮大工、佐藤庄輔に依頼し、2階合掌造りとして建築したものです。

東武野田線運河駅より徒歩2分、利根運河土手沿いに位置し、春4月は運河の桜が咲き、見事です。

 ギャラリー東側は、竹林。南側は梅の古木の花が咲き、ギャラリー2階の北側の窓からは、満開の桜を見ることができます。